付き合う前に女性から手を繋ぐのはあり?タイミングとたった2つの注意点

男性からすることが多い行動を、女性からされるドキッとする。

そう思っている男性は少なくありません。

たとえば『手を繋ぐ』こと。

これをあえて女性からすることで、男性から「こいつ可愛いな。」と思わせることができるのです!

そのためにはタイミングも大事。

付き合う前に手を繋いでも大丈夫なのか、どうゆう時に手を繋げば男性から良い印象を残せるのか。

「おすすめのタイミング」「女性から手を繋ぐときの注意点」を紹介していきます!

付き合う前に女性から手を繋ぐのはアリ?ナシ?

結論から言って、付き合う前に手を繋ぐのはアリです。

冒頭でお伝えしたように、女性から積極的に行動すると男性の不意をついて興味を引き出すことができるから。

草食男子が浸透する現在、積極的な肉食女子の需要は高まるばかりです。

さらに、付き合う前に手を繋ぐと以下のメリットが得られるようになります。

<付き合う前に手を繋ぐことの3つのメリット>
  1. 自分の好意を相手にアピールできる
  2. 相手の反応(気持ち)を確認できる
  3. 物理的・心理的距離を縮められる

「手を繋ぐのは付き合ってから!」という硬派な人もいますが、手を繋ぐことを告白までのステップとして意識する人も多いです。

男性は次に進みたいとき、手を繋いで女性の反応をうかがうことがあります。

同じように、気があることをアピールするため、女性から手を繋ぐ場合もあるでしょう。

しかしどんな風にして手を繋げばいいのか、タイミングが難しいですよね。

そこで付き合う前に女性から手を繋ぐおすすめの方法を紹介します!

付き合う前に手を繋ぐための6つの作戦

女性から手を繋ぐと、相手に『いいよ』サインを送ることができます。

「告白してもいいよ!」と思わせることで、相手にアプローチさせることができるのです。

もし現在、あなたが好意を抱いている人となかなか進展しないことに悩んでいるのであれば、以下の方法で手を繋いでみましょう!

おすすめの作戦は6つです。

1.人混みの中で「迷子防止作戦」


人混みで迷子になりそうだなと思ったときに手を繋ぐ王道パターン。

男女共通して使える技です。

状況的に自然な流れなので手を繋ぎやすいですし、言い訳しやすいのが利点です。

手を繋ぐのが恥ずかしい女性は、彼の袖元を引っ張るだけでも相手に可愛さをアピールすることができますよ。

2.苦手なものの前で「無理無理作戦」

女性らしさを全開にアピールできるのが、苦手なものを避けようと手を引っ張り繋ぐ方法!

お化け屋敷や虫がいた時など、目の前に苦手なものが現れたとき、どさくさに紛れて手を繋ぐことができます。

「怖い~」と言って甘えながら手を繋ぐことで可愛らしさも演出できますね。

このとき男性は頼られていると感じることができるので、ますます女性の好感度は上がるでしょう。

3.お店から出た時に「誘導作戦」

2人でおいしい料理を食べてお店を出た直後。実は手を繋ぐチャンスなんです!

閉鎖的なお店から外に出た瞬間、一気に開放的になるため、思い切って手を繋ぎやすくなります。

また次の目的地が決まっている場合は、「あっちに行こう~」と誘導するように手を引っ張ることも可能。

お店の雰囲気や多少のお酒の力もあって、お互い何の違和感もなく手を繋ぐことができるはずです。

4.寒いの苦手です「冷え性女子作戦」

寒い季節は人肌が恋しくなりますよね。

手を繋ぐことでお互いが温められるので、通常よりも拒否される率は少なくなる可能性があります。

また「今すごく手が冷たいの!」という流れから、相手の手を握ることもできますね。

寒い時期に冷え性アピールをして、ちゃっかり手を繋いで温めてもらいましょう!

5.別れ際に「寂しさアピール作戦」


楽しかったデートが終わりに差し掛かると、寂しさから手を繋ぎたくなる…なんて経験はありませんか?

そんなときは我慢せずに思い切って甘えてみましょう!

女性に「寂しい」と言われてグッとこない男性はいないはず。

素直に寂しさから手を繋ぎたいことを伝えても良いかもしれません。

6.雰囲気の良い場所で「小悪魔作戦」

夜景が見える場所やひとけの少ない通りなど、2人きりになれる場所があれば手を繋ぐチャンス。

周りの目を気にせず積極的に行動できるからです。

ムードがあれば尚良くて、その時の相手の反応次第で次のステップ(告白)まで持っていくこともできます。

普段手を繋いでもらえないのは、男性自身も勇気がなくて一歩を踏み出せていないから…。女性から手を繋いでもらえれば、嬉しい気持ちは倍増するはずです!

ただし気を付けるべき点もあります。

女性から手を繋ぐときの注意点

女性は男性よりも積極的に手を繋ぐことに慣れていない場合があります。

せっかく勇気を出してしたことが失敗に終わらないように、気を付けるべき点を抑えておきましょう!

ポイントはたったの2つです。

1:お酒の勢いだけで手を繋がない


世間には手を繋ぐこと自体に何の意味を持たないと考える人がいます。

しかし多くの人は手を繋ぐことに対して何らかの愛情表現が隠されていると認識するでしょう。

そんな中、酔う度に男性と手を繋いでいると、軽い女だと思われてしまう可能性があります。

好きな人の前だとつい緊張してお酒に頼ってしまいがちですが、相手に本気度が伝わりづらくなるので、お酒はほどほどにセーブすることをおすすめします。

2:相手の気持ちが明らか(NG)なときは避ける

いくら相手を振り向かせたい気持ちがあったとしても、相手の気持ちを考えず、独りよがりに行動してしまうのは良くありません。

まず第一に『相手を思いやること』を忘れないようにしましょう。

もし相手が友人関係でいたいと思っていた場合、関係性を壊してしまう可能性があります。

また付き合う気はないと言われている男性に固執して、安易に接触してしまうと、都合の良い女にされてしまう可能性も…。

寂しさだけで温もりを求めるのは危険なので注意しましょうね。

まとめ

付き合う前に「女性から手を繋ぐこと」はメリットばかりです。

消極的な男性が増えていることからも、女性から手を繋ぐことの必要性は高まってきています。

ふとした瞬間にさりげなく手を握ることで、女性の可愛らしさをアピールすることもできますし、恋を進展させるキッカケになるかもしれません。

彼が奥手でなかなか次のステップに行けないときは、ぜひ今記事で紹介した「付き合う前に女性から手を繋ぐための6つの作戦」を使って、アピールしてみてくださいね♪

参考文献:『「妄想」を操る女は100%愛される♥』著者‐鶴岡りさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です