勘違いしてない?!男の色気を女性目線で解説

「〇〇くんは優しいけど…」

女性は優しい人が好きって言うのに、なぜかモテない。俺のどこがいけないんだ?

なんて思っている方。

もしかしたらそれは“色気がないから”かもしれませんよ。

性格が良くてもモテなかったり、イケメンでもモテなかったりするのは、男性としての魅力が欠けている可能性があります。

女性は本能的に生殖能力の高い男性を選ぶと言われています。

そこで重要視されるのが「色気」なのです。

しかし色気とは抽象的でもありますよね。

女性が思う色気とは一体どんなことを指すのでしょうか?

女性目線の「男の色気」とは

「色気のある男性」としてイメージするのはどんな人でしょう。

ここで男女間の考え方に大きな違いが出てくるはずです。

そもそも色気とは、簡単に言うと性的魅力のこと。

そのため、男性自身が男の色気を考えたところで「解らない」というのが普通かもしれません。

女性が思う色気のある男性を芸能人で例えると以下の通りです。

色気のある男性俳優
  • 綾野剛
  • オダギリジョー
  • 斎藤工
  • 高橋一生
  • 竹野内豊
  • 松田翔太
  • 長瀬智也
  • 菅田将暉
  • 竹内涼真

中でも注目すべきは斎藤工さん、高橋一生さんです。

斎藤工さんは、代表作でもあるドラマ「昼顔」で不倫相手を演じたことから色気のある男性として一気に女性人気を集めました。

また高橋一生さんも、雑誌「anan」でのグラビアが好評。途端に色気のある男性陣の仲間入りです。

どちらも肉体美に高い評価が集まっていますが、2人から漂う色気はそれだけではありません。

女性が色気を感じるポイントは、生理的にありかなしかで判断されます。

たとえイケメンでも、生理的に無理!と思ったら色気なんて感じないのです。

色気のある男の特徴

ますます難しい女性目線の「男の色気」ですが、そこには10の特徴があります。

1:香り


『色気のある人はフェロモンを匂わせる』なんて聞いたことはありませんか?

実はフェロモンは無臭で、匂いとの関係性はないとされています。

しかし、フェロモン=色気のある香りと認識する人は少なくありません。

実際に香りで色気を感じるのは男女ともにあることでしょう。

ふいに漂う心地よい香りは、その人の身体から放たれる色気として感じるのです。

2:肉体美

男の色気に欠かせないのが肉体美です。

先に例に挙げた2人の男性俳優(斎藤工、高橋一生)は、どちらも見事な肉体美をあらわにして女性をトリコにしています。

程よい筋肉や厚い胸板、浮き出た血管は男性らしい魅力と色気を感じさせます。

3:低い声

色気には「声」も重要なポイントです。

視覚優位な男性に対して、女性は聴覚優位とされています。

つまり「女性は男性の声に弱い」のです。

女性が出せないような低い声は、特に色気を感じさせるものでしょう。

4:流れる視線・目遣い

目で色気を感じることもあります。

たとえば流し目であったり、急に向けられる視線です。

パッと見開いた目よりも、眠たそうな目のほうがセクシーに見えます。

急に向けられた眼差しにドキッとして色気を感じることも。

また”死んだ魚の目”と比喩される「三白眼」もミステリアスで魅力的とされています。

5:大きな身体(部位)

女性は包み込んで守ってくれそうな男性を好みます。

そのため、男性の広く大きな背中大きな手に魅力を感じるのです。

大きなパーツは女性が異性としてはっきり認識できるポイントでもあるため、惹かれることも多いです。

6:内面がタフ


先に「イケメン=色気ではない」と伝えたように、色気は外見だけでは判断できません。

  • 強い意志がある
  • 自信がある
  • 考え方がぶれない
  • 決断力がある
  • 余裕がある

これらは内面からにじみ出る色気として変換されることがあります。

肉体的に強い男性が好まれるのと同様に、精神的に強い男性は女性から好感を持たれやすいです。

意志の強さや心の余裕は色気につながる大事な要素のひとつと言えるでしょう。

7:こなれ感のある仕草

たとえば「ネクタイを締めているとき」「車のハンドルを操作するとき」「タバコを吸っているとき」など…

男性のちょっとした仕草に色気を感じる女性は少なくありません。

また動作が丁寧でゆっくりであることも色気があると認識されやすいでしょう。

ゆっくりと落ち着いて行動できる人は、余裕のある大人な男性にも見えます。

8:横顔

横顔がきれいな男性は女性人気が高いです。

そんな横顔好きな女性が見ているのは、あごのライン喉ぼとけ

まさに、ここに色気を感じているのです。

足元に落とした目線から首元まで、女性がセクシーだと感じるポイントが横顔を見ればわかるということですね。

9:クール・ミステリアス

多くを語らず、何を考えているのかわからないようなミステリアスさは魅力的。つまり色気につながります。

一見とっつきにくい印象を持たれがちですが、このタイプの男性がふとした瞬間に見せるギャップは女性の心をくすぐります。

たとえば「ふいに見せる笑顔」も重要なポイント!

クールな人がふいに見せる笑顔の破壊力は計り知れません。

また単純にクールな人はセクシーに見られやすい傾向があります。

10:年齢を重ねている


「年齢を重ねれば大人の色気が出る」なんて聞いたことはありませんか?

歳を重ねれば重ねるほど、人生経験がプラスされ、人としての魅力だけではなく色気を増すことがあります。

一般的に40歳以降の男性がダンディと言われるのは、人生経験を重ねて味が出ている証拠。

こうした内面的な要素も加わって男の色気はあらわされているのです。

色気を出すためにしたい3つのこと

これまで色気のある男性の特徴を紹介しましたが、当てはまる点はありましたでしょうか。

もし「自分には色気が足りないな…」と感じているのであれば、色気を引き出すおすすめの方法がありますので、是非試してみてくださいね。

ポイントは3つです。

➀香りをまとわせる

色気のある男性の特徴にあげたように、女性は男性の香りで色気を感じることがあります。

匂いは遺伝子レベルで惹きつけることもできるので、ルックスに自信がない人でも効果を期待できます。

普段から香りを身にまとうようにしましょう。

フレグランスの香りの中でも、ムスクイランイランなどは色気を彷彿させると言われています。

香水が苦手だという人は、香りが配合されたハンドクリームや柔軟剤などで代用するのも良いでしょう。

➁色彩効果を取り入れる

色彩心理学にもあるように、人が色に受ける影響は大きいとされています。

そこで色を使って色気をアピールするのはどうでしょう。

色気を引き出すのに効果的な色は「赤」

赤色は快楽を司るドーパミン(脳内ホルモン)を分泌させる効果があると言われており、興奮・歓喜・情熱を表します。

さりげなく赤色のアイテムを取り入れることで色気を演出するのも良いですね。

ただし赤色は取り入れすぎると、暑苦しいイメージにつながってしまうことがあるので、あくまでもさりげなく使うことがポイントです。

➂日常的に運動をする


色気のある肉体を創り出すためには運動が欠かせません。

できれば日常的に運動することを心がけて、程よい筋肉美しい体格を維持しましょう。

筋肉はつけすぎると女性から敬遠されることもあるので、軽い運動で健康的な見た目を意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性が思う男の色気の究極は、『抱けるか抱けないか』の基準にあるかもしれません。

これは男性も同じではないでしょうか。

性的魅力という本質的なことが求められるので、努力で補うのは簡単ではないかもしれませんが、女性が思う男の色気を理解すれば色気をアピールすることはできます。

男の色気で、誰もが憧れる魅力的な存在を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です