婚活がうまくいかない…辛さを乗り越えるためにしたい5つのこと

婚活が辛い…。

そう思ったことはありませんか?

始めた当初は期待とやる気で満ち溢れていたはずなのに、歳を重ねて婚活期間が長くなると失望感が増してしまいがち。

「何のためにこんなことをしてるのか分からなくなってきた…。」

「婚活している自分が惨めに思えて辛い…。」

ふと考えてしまうこともあるでしょう。

しかし婚活してすぐに結婚できても、結婚してからうまくいかないことだってあります。

焦って結婚して失敗したら、それこそもったいないのではないでしょうか。

婚活がうまくいかないときは一度、原点回帰して「自分は何のために婚活しているのか」を考え直すべきかもしれません。

相手に求める条件がなければいつでも結婚はできるでしょう。

しかし誰しも譲れない条件の1つや2つはありますよね。

本当に自分にとって大事なことは何かを考えて、婚活がうまくいかない原因を見つけていきましょう。

婚活がうまくいかない5つの原因

物事のすべてには原因があります。

婚活がうまくいかないことにも何かしらの原因があるはずです。

自分では気づきづらいこともあるかと思うので一緒に考えていきましょう。

考えられる主な原因は以下の5つです。

  1. 相手に求める条件が多い
  2. 騙されないように警戒しすぎ
  3. 周りからの評価を気にしすぎ
  4. タイムリミットに焦っている
  5. 全てをネガティブに考えがち

まず一番に言われるのは「理想が高い」ことでしょう。

相手に求める条件が多い

理想が高いと結婚しづらいのは確かです。

だからと言って「妥協しろ」というわけではありません。

現実をよく見て譲れない条件を設定してほしいのです。

あぁなれたら…こうできたら…という理想はいくらでも出てきます。

しかし現実世界で生きている以上、しっかりと現実と向き合っていかなければなりませんよね。

相手に求める条件が多い人は、理想と現実をしっかりと見極められていない可能性があります。

現実的に難しいことばかりを相手に求めてはいませんか?

相手に求める前に、まずは自分が与えられているかを考えてみましょう。

騙されないように警戒しすぎ

婚活でうまくいかない人の中には、今まで恋愛経験のなかった人もいます。

異性との付き合い方が分からないと慎重になりすぎてしまいがち。

また過去に男性とトラブルがあった場合、騙されたくないという思いからつい警戒心を持ってしまうことも。

自分ではフラットに接しているつもりでも、自然と壁をつくっている可能性があります。

周りからの評価を気にしすぎ


独身であることを周りから惨めに思われていないかを気にしすぎて、行動できなくなっている場合もあります。

そのせいで積極的に婚活の場に行けなかったり、自分を充分にアピールできなかったり、婚活がうまくいかない状況を自ら作り上げてしまっているのです。

「婚活中だとバレたくない」という思いは、婚活している自分を惨めに思ってしまっている証拠。

いつまでも悲観的でいると相手からは近寄りづらい存在になってしまうでしょう。

タイムリミットに焦っている

何歳までに結婚するか、目標を定めることは良いことです。

しかしそれを意識し過ぎると焦りが出てきて、思い通りにいかなくなることも少なくありません。

自分で設定したタイムリミットはあくまでも目安として考えて、うまくいかないときは目標設定し直すことが大切です。

全てをネガティブに考えがち

婚活がうまくいかないと落ち込んで、全てをネガティブに捉えてしまうことも。

ネガティブ思考は物事の運びを悪くすると言われています。

特に婚活中は気持ちが大きく左右されるので、できるだけポジティブ思考を保ちたいところ。

そのひと自身の魅力にも繋がるので、意識的にネガティブ思考を排除する必要があるでしょう。

婚活がうまくいかない時にやるべきつ5つのこと

婚活がうまくいかない原因がわかると、自ずとやるべきことも見えてきますね。

婚活がうまくいかないと感じた時にやるべきことは以下の通りです。

  1. 条件を見直す
  2. 戦略を立てる
  3. 熱中できるものを見つける
  4. 前向き思考に変える
  5. ひとまず休憩する

条件を見直す


原因についての話でも触れましたが、相手に求める条件が多いと婚活がうまくいかない傾向にあります。

理想の条件を捨てて、現実的にみた条件を設定し直す必要があるでしょう。

当然譲れない条件はあると思いますが、その「譲れない条件」と「一生結婚しない自分」の2つを天秤にかけて、相手に求める条件が理想の条件になってしまっていないかを判断しましょう。

戦略を立てる

婚活でうまくいかない人の中には婚活の仕方が悪い場合もあります。

たとえば自分に合った婚活場所を選ぶことや、条件を絞ることなど、効率よく婚活を進めるためには事前にやっておくべきことがあるのです。

まずは自己分析をして相手に求める条件を絞りましょう。やり方は先に説明した通りです。

婚活中はどうしても結婚がゴールと考えがちですが、結婚後にうまくいかなくなれば再び婚活生活に逆戻りです。

そういった現実的な目を持って、婚活での戦略を考える必要があります。

戦略には期間の設定も欠かせません。ここでも現実的な数字を設定することをおすすめします。

明らかに早すぎるタイムリミット(目安)を設定してしまうと、焦りから相手を見誤ってしまう可能性が高くなるからです。

婚活で焦り妥協は禁物。

結婚することの本質を理解して自分のペースで相手を見つけましょう。

熱中できるものを見つける

婚活が趣味と言えるくらい婚活1本だと疲れてしまうのは当然。

同じくらいの熱量で夢中になれる何かを見つけるようにしましょう。

頑張るものが1つでも増えれば途端に楽になることがあります。

どちらかがうまくいかなくても、もうひとつのことでうまくいくことがあるからです。

熱中できるものは難しいことである必要はありません。

毎朝ウォーキングをしたり、ボランティアに参加したり、英会話教室に通ったり…、すぐに始められる趣味程度で構いません。

意識を婚活だけに集中させないようにすることが大事です。

ただ映画鑑賞や読書などで恋愛ものを見るのはNG。自分と比較して悲観的になってしまうからです。

おすすめは身体を動かす運動です。

ストレス発散にもなりますし、美しい体型をゲットすることもできます。自分の体型に自が持てたら、その自信が魅力に変わって婚活にも生かされることになるでしょう。

前向き思考に変える


婚活でうまくいかないからと言ってネガティブな気持ちでいては、現状から脱出できなくなってしまいます。

どんなに悲しくても前向きな気持ちを忘れずに過ごす努力をしましょう。

気持ちが前向きになると性格表情が明るくなり、魅力度も上がります。

婚活期間を苦行だと思わず、周りから何を言われても気にしない精神で前向き思考を維持しましょう。

ひとまず休憩する

何をやってもダメだというときは思い切って婚活を休んじゃいましょう!

無理に婚活を続けていると精神的に辛くなってきてしまいます。

恋人がほしいと意識していない時ほど、急に告白されたりすることってありませんか?

一度婚活を意識せずに生活してみると心に余裕ができて、そのひと自身の魅力が増すこともあります。

縛られていたものから一気に解放されると、イキイキとした自分を手に入れることができますよ。

まとめ

「婚活がうまくいかなくて辛い。」

「もう逃げ出したい…。」

と、思っている人は少なくありません。

婚活を一生懸命に取り組んでいる人ほど、うまくいかないことも出てきてしまうのです。

もし不安で押しつぶされそうになったら、思い切って婚活を休みましょう!

数週間、数か月でもいいです。

たまには婚活のことを頭から消して、ゆとりある生活を送ってみませんか?

そこで新しい自分の魅力を引き出したり、思いもよらぬ出会いが待っているかもしれませんよ。

参考文献:『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』‐著者 仁科友里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です