「家庭的な女性」になれ!医者の妻になるための5つの心得&おすすめ婚活パーティーサイト6選♪

「お医者さんと結婚して玉の輿にのる!」

と夢見た女性は少なくはないでしょう。

厚生労働省の賃金構造基本調査によると、医師の年収は約1,636万円

日本の一般労働者の平均年収は421万円であるのに対し、医師の年収は約4倍も上回っているのです。(参照元:民間給与実態統計調査‐国税庁

「医師と結婚すれば将来安定」と言われるように、女性は医師との結婚を憧れるものです。

とはいえ、医師とプライベートで出会うことってなかなかないですよね。

患者として病院に行くことはあっても、医師は医師。患者は患者。

医師は患者のことを仕事上の関係としか見てくれないため、恋愛に発展することは難しいでしょう。

では、どうやったら医師と出会い結婚することができるのでしょうか。

実は多くの医師は医学生時代からの恋人や、同じ職場で働いていた医療従事者と結婚しているのです。

「え、じゃあ私は医師と結婚できないってこと?」

と落胆した人もいるでしょう。

でも大丈夫!医師と結婚したいのであれば、医師限定の婚活パーティーに参加すればいいのです。

婚活パーティーでは望みがないと思われがちですが、実は婚活パーティーで成婚された人はたくさんいます。

「どうしても医師と結婚したい!」

という人のために、ここからは婚活パーティーで医師と結婚するための極意を4つのセクションで紹介します。

医師と出会えるおすすめの婚活パーティーサイトも載せているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

そもそも医師とどう出会えばいいの?

みなさんが医師と出会うのは、患者として医療機関に受診したときが一番多いですよね。

しかし、「患者は患者、医師は医師」

医師と結婚したいと思っても、医師と患者の立場だとなかなか難しいでしょう。

では、実際に医師と結婚した奥さんはどうやって出会ったのでしょうか。

医師と出会い方には、以下4つのタイプがあります。

1.医学生時代からの付き合い

「社会人になって出会いが少なくなってしまった」という人は多いですよね。

一方、大学時代を思い出してみてください。

サークルや学園祭を通して様々な人と出会い、幅広い交友関係があったのではないでしょうか。

実は大学時代に医学部の人と交流があった女性が、後にそのまま結婚!というケースが多いようです。

医学部生は途中で方向転換しないかぎり、将来は医師であることが確実です。

そのため医学生時代から交際している女性は、医師と結婚できる可能性が高いといえます。

2.同じ医療機関で働く医療従事者


医師の一番身近な存在は、医療従事者です。

「医師と結婚したいから看護師になる!」

という人がいるように、医療従者は医師と結婚しやすいと考えられています。

医師にとって看護師とは仕事上いなくてはならない存在。

仕事を通して相手の良さを知り、職場結婚となるのはきっと一般企業だけではありませんよね。

また医師との接触が多いのは、看護師だけではありません。

たとえば以下の職種があります。

・医療事務員
・歯科衛生士・助手
・臨床検査技師
・薬剤師
・介護士・助手
・病院清掃員

医療機関で働くことは、最も医師と身近に接することができる手ではありますが、資格取得や実習などお金や労力が必要になります。

医師との結婚だけをモチベーションに勤めるには厳しいい世界であることを、しっかりと理解しておきましょうね。

3.親の紹介

医療機関になんらかのコネがある親であれば、自分の娘を医師の嫁にしてほしいと取り繕う場合があります。

また仕事で忙しい独身男性医師を見かねて、当人の親が結婚相手にふさわしい女性を紹介するケースもあるでしょう。

どちらも自分の意志ではないものの、親に心配をかけたくないという思いから結婚に至る場合があります。

4.合コン・婚活パーティーで知り合う

合コン全盛期、医師との合コン経験が女性のステータスであるともいわれていました。

それほど医師は女性に人気があったのですね。

現在も医師の人気はとどまらず、婚活パーティーでは数多くの医師限定パーティーが開催されています。

より気軽に医師と交流ができるようになった現在、その出会いは多種多様となっているでしょう。

医師は変人?男性医師の特徴とは

「医師は変わり者が多い」という話しをよく聞きますよね。

全員がそうとも言い切れませんが、確かに医師は個性的な人が多くいます。

たとえば以下のような特徴があります。

・プライドが高い
・真面目で嘘がつけない
・頑固なところがある
・変なこだわりがある
・コミュニケーション能力が低い
・利己的な考えが強い

技術だけではなく学力が必要不可欠な医師は、これまで多くの時間を勉強に費やしてきたことでしょう。

同時に、他のコミュニティに属さない時間も増えたのではないでしょうか。

医師は小さい頃から勉強に没頭していて、「世間に無関心」というイメージも一部ではあります。

結果的に医師は社会性に欠けていると評されるようになってしまったのです。

もう一つ、医師が変人であると言われる大きな要因はプライドの高さにあります。

普段から「先生」と呼ばれる医師は、自分は地位が高いという自負があります。

また「難関医学部を卒業し、見事に医師免許を取得した!」という自尊心もあるようです。

もちろん全ての医師が当てはまるわけではありませんが、医師になるまで相当の努力を続けてきた人だからこその難点といえるでしょう。

とはいえ、誰にでも良い点や悪い点はありますし、個性がない人よりはあった方が魅力的であることは間違いないです。

そんな医師と結婚するためには、医師にとって必要な存在にならなければいけません!

医師が思う結婚したい女性とは、一体どんな女性なのでしょうか?

医師が求める好きな女性のタイプ6つを紹介!


医師の仕事とは、常に命と向き合いながら人のために尽力する仕事です。(※診療科目によって定義は異なります)

家庭の時間を削ってでも仕事に向かう場合があります。

そんな医師を献身的に支えるのが、妻としての一番の役目でしょう。

医師が求める女性像は以下の6つです。

1.家庭的な人

日々仕事で忙しく精神的にも体力的にも負担がともなう医師は、家庭的な女性を必要とします。

緊急の手術や外来で家にほとんどいないこともあるため、妻には家庭を守ってほしいと思う医師は多いのです。

さらに料理上手な女性は家庭的で好印象です。

仕事中まともな食事がとれない医師にとって、家で食べる手作り料理は最高のごちそうです。

医師に限らず、男性は料理上手な女性が好きというのはもはや当たり前ですよね。

2.癒される人

癒しを与えてくれる女性の存在は、医師に限らず男性にとってかなり大きいでしょう。

一日中仕事をして疲れて帰ってきたときに、「あれをやって、これをやって」という女性よりも、笑顔で「今日もお疲れさま♪」と言ってくれる女性の方がいいに決まってますよね。

癒しを与えてくれる人とは、安心感を与えてくれる人でもあります。

家に帰ってホッと安心できるような環境づくりが大切でしょう。

3.マナー上品な人

医師は食事会の機会が多く、場合によっては奥さんが同席する場合があります。

そのため、医師の奥さんは食事のマナーを心得ている必要があります。

プライドの高い医師であれば尚更、人前で上品にふるまってくれる女性を魅力的に感じるでしょう。

4.お金目当てではない人

女性が結婚したい理由がお金であることは、医師も当然承知しています。

経済力を重視する女性は大勢いますが、だからこそもっと内面をみてほしいと望む医師は少なくありません。

結婚の目的がお金であった場合、その後の結婚生活には不安が付きまとってしまいますよね。

「純粋に自分のことを好きになってほしい。」

とは、誰しもが望むことではないでしょうか。

5.容姿端麗な人

年収が高い理由により女性からのアプローチも多い医師。

そんなモテモテの医師は、婚活パーティー市場でも女性が選び放題という場面があります。

ならば、より性格の良い人やより美しい人を選びたいですよね。

美しい妻の存在は、地位や名誉にこだわる医師にとって高いステータスとなるのです。

6.家柄が良い人


お金持ちな女性ほど幼少期から厳しい躾を受けて育った、という話しをよく聞きますよね。

家の品格を守るためにマナー所作を身につけている女性は、女性らしい魅力があります。

また家柄の良い女性は、親からも認められやすいという利点があります。

以上を意識することによって、医師との結婚の道も近くなるはず。

とはいえ、いざ結婚してみると「思っていた夫婦生活とはちょっと違う・・」と感じてしまうことがあるかもしれません。

実は一般会社員の妻と医師の妻とでは、役割心持ちが大きく異なるのです。

結婚する前とのギャップが大きいと、せっかくの夫婦生活も長続きしないかもしれません。

医師と結婚するためには、妻として覚悟しておかなければいけないことがあります。

医師の妻になる前に覚悟しておく5つのこと

医師の仕事は特殊です。

決まった時間に帰宅したり、家族サービスをしたりすることはできません。

なによりも仕事。

なによりも人命救助。

これが第一優先であるということを覚悟しなければいけません。

さらに以下の5つのポイントも抑えておく必要があります。

1.何日も家に帰らない日がある

入院施設が備わっている病院は24時間の勤務体制が当たり前です。

専門の診療科目にもよりますが、突然の病態悪化による手術や病状観察のため、病院に泊まり込みになることは珍しくありません。

そうなると、何日も家に帰れない状況が続いてしまうのです。

もしあなたが医師の妻になったら、この状況をどう思うか考えてみてください。

「友達の会社員の夫が羨ましい・・」

と感じてしまうようであれば、医師の妻には向いていないかもしれません。

医師として日々忙しく働く夫のことを支えるためには、自らの寂しさをも捨てる覚悟が必要です。

2.海外出張・転勤がある

グローバルに働く医師は、海外研修や海外出張が頻繁にあります。

数日間の滞在ならまだしも、海外赴任となると奥さんも一緒に海外で生活しなければいけないでしょう。

海外への渡航歴があり慣れていれば問題ないでしょうが、海外に旅行すら行ったことがない場合は、初めての海外生活に戸惑うことが多いはず。

言語も通じない海外での生活は、不慣れな人にとって非常に辛い環境となります。

それでも医師の妻は一人で家庭を守らなければいけません。

どんな環境に置かれても、妻としての役割を果たせるかどうかが、医師の妻としての重要なポイントとなります。

3.家事を疎かにしてはならない


医師は家庭を守ってくれる女性を求めています。

重労働の末に帰宅したにもかかわらず、部屋が散らかっているご飯が用意されていないと疲労は倍増してしまいますよね。

家はプライベートエリアでもあるように、リラックスできる唯一の場所です。

少しでも夫がリフレッシュできるように、環境を整えてあげることが妻の役目なのです。

4.育児は妻の仕事と考える

必ずしもそうとは言い切れませんが、仕事が忙しい医師家庭において、夫婦協力して育児をするということは難しいと考えた方がいいかもしれません。

実家にいる家族に協力してもらったり、友人のアドバイスをもらったりと、周りからのサポートを受けることをおすすめします。

5.常に容姿や態度を気をつける

どの職種においてもそうですが、妻の行動は夫の評価にも繋がります。

患者さんとの信頼関係が大切である医師の仕事に支障をきたすことがないよう、自覚をもって行動しなればなりません。

特に患者さんの噂は、変に広がると診療の足枷になる恐れもあります。

近所のスーパーに気を抜いた服装で外出したら、夫の患者さんに遭遇してしまい恥ずかしい思いをした・・なんてことがないように注意しましょう。

以上の5つのポイントを見ると、医師との結婚のハードルが高いと感じてしまうかもしれませんね。

しかし、「3」の家事を疎かにしないことや、「5」の常に容姿や態度を気をつけることは、どの家庭においても妻の重要な役割であるといえるのではないでしょうか。

では、最後に医師と出会うためのおすすめ婚活パーティーを紹介します。

医師参加限定!おすすめ婚活パーティーサイト6選

おすすめする婚活パーティーサイトは以下の6つです。

1.エクセレントパーティークラブ

エクセレントパーティークラブ」は、大手婚活支援事業のエクシオジャパンが運営するハイステイタス重視の婚活パーティーサイトです。

男性は年収700万円以上医師経営者会社役員上場企業勤務が参加しており、上質で大人な婚活パーティーを体験することができます。

パーティーの流れはスタンダードスタイルが基本で、1対1の着席型となっているので、参加者一人ひとりとお話しすることができます。

色々な人と会って結婚相手を見極めたい、という人におすすめです!

2.プレミアムステイタス

品格やステイタス重視の「プレミアムステイタス」は、カジュアルな婚活パーティーが中心です。

立食式フリースタイルパーティーが多く、男性参加者は医師外資系公務員経営者といったハイステータス限定で開催されています。

会場はおしゃれなカフェやラウンジが設定されているので、若い女性も参加しやすくなっています。

3.ペアーズ


もっとカジュアルに医師と出会いたい人には、マッチングアプリの「ペアーズ」がおすすめ!

ペアーズは女性の利用料が無料なので、参加費や月会費を気にせずに気軽に医師と交流することができます。

ネット上では実際にペアーズで医師と出会った!という記事をいくつも見つけました。

なかには成婚した人もいるほど医師の利用者は多いようです。

ただし、その手軽さから医師だと偽る男性もいるので注意が必要です!

「上品な婚活パーティーが苦手。でも医師と出会いたい!」

という人は、まずはぺアーズを利用してみるのもいいかもしれませんね。

4.サンセリテ青山

おしゃれな街・青山を拠点とする「サンセリテ青山」は、高学歴・高収入男性限定の結婚相談所です。

会員の20%は医師弁護士会計士が占めており、医師との成婚実績も高いといわれています。

さらに注目したいのは、男性会員の平均年収。

その金額は約1400万円以上!

高学歴・高収入男性限定とはいえ、この数字は驚きですよね。

サンセリテ青山では、経歴のある医師だけではなく、日々勉学に励む研修医の入会も受け付けられています。

そのため幅広い年齢層の医師と出会うことができます。

「将来性のある若い医師と出会いたい!」

という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

5.フェリーチェ

男性会員の100%が医師である「フェリーチェ」は、医師・歯科医師に特化した婚活支援サービスを提供しています。

一定の審査基準を満たす人のみが入会可能で、独身証明書の提出も義務付けているので安心して婚活することができます。

フェリーチェの特徴はコーディネータースタッフがいること。

一人ひとりに専任のコーディネーターがついてくれるので、

「婚活が初めてで不安・・」

という人も、気兼ねなく相談することができますよ。

無料カウンセリングも行っているので、一度参加してみてはいかがでしょうか。

6.プレミアムメンバーズ

プレミアムメンバーズ」は、写真審査の通過者のみが登録できる結婚相手紹介サービスです。

年収容姿年齢

以上の3つを軸に、それぞれに合ったふさわしい相手を紹介してくれます。

女性容姿や雰囲気を、男性職業や年収を重視して条件を絞っているので、理想の結婚相手を効率的に見つけることができます。

一般的な医師限定の結婚支援事業とは違って、月会費が無料というコスパも魅力的です!(※別途更新費用等が発生します。)

医師限定の婚活パーティーでは、どうしても高額な費用がかかってしまうので、毎月の出費を少しでも抑えられる点が嬉しいですよね。

同会社が運営する「プレミアムステイタス」にて、婚活パーティーに参加することもできますよ!

相性の良い相手を探すためには、自分に合った婚活パーティーを選ぶことがポイントです。

まとめ


医師限定の婚活パーティーは女性に非常に人気があります。

ライバルだらけの会場で、自分をいかにアピールできるかが重要です!

本気で医師と結婚したいという気持ちがあるのならば、「婚活パーティーは戦場だ!」ということを心得て参加すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です