初デートの服装がわからない女子必見!5つの好感ポイントとNG服

「いよいよ初デート!」

となると考えてしまうのが服装ですよね。

気になる相手だから「絶対に失敗したくない!」と思うのは女性だけではないはず。

ですが女性は特に服装に注意しなければいけません。

男性は女性の服装を重視する傾向があるから。

服だけでなんとなく人柄が分かってしまいますし、相手の印象を大きく変えることもあるので慎重に選ぶ必要があります。

では、初デートにはどんな服装が男性に好まれるのでしょう?

男性に好感を持たれやすい服装のポイントやコーディネートを紹介していきますね。

初デートに抑えておくべき好感ポイント5つ!

「男性が思うカワイイ」と「女性が思うカワイイ」が違うことはご存知ですよね。

まずは男性目線の”カワイイ”を理解するところから始めましょう!

①男のカワイイは「透明感」

男女ともに言えることですが、清潔感がある人は好感を持たれやすいです。

特に男性は『清潔感=透明感=カワイイ』という認識があるそうで、清潔感と透明感は同じ意味を持ちます。

つまり、男性にとってのカワイイは「透明感」なのです!

たとえば肌が白くてなめらかであることや、髪がサラサラであることは、透明感に欠かせません。

また、服装でも透明感を演出できます。

  • パステル系の淡いカラー
  • とろみがある、なめらかな質感
  • 透ける、ゆれる素材

これらを選ぶとより透明感がアップします!

全体的に濃い色ではなく薄い色を意識するのがポイントです。

ただしあまりにも薄い色ばかりだとぼやっとしてしまうので、バッグや小物には濃い目の色を使うなどメリハリをつけましょう。

②3つの「くび」を意識する

初デートに大胆な露出をすると軽い女だと思われてしまうのでよくありません。

しかし、さりげない肌見せは女性らしさを引き立たせてくれる効果があります。

意識したいのは『首・手首・足首』の3つのくび。

この3つの首をちょい見せすることで、血管の透き通った感じや骨の細い女性らしい魅力をアピールすることができます。

トップスは首からデコルテラインまでが見えるものまたは手首が見えるもの、ボトムスは足首が見える丈のものを選びましょう。

③季節や場所に合わせる


洋服を選ぶ上で大事なことのひとつは「季節感」ではないでしょうか。

つい気合を入れて季節感が全くないモテ重視の服装でデートに行ってしまうと、外気温とのギャップで体調を崩してしまう可能性があります。

おしゃれは我慢とも言いますが、あまりにも季節感のない服装は返ってダサくなるので気をつけましょう。

同じように、デート場所にも合った服装を選ぶこと!

よくある失敗談は、遊園地など移動が多い場所に高いヒールを履いてきてしまって足が痛くなってしまったというものです。

こうなるとデートどころではなくなって、せっかくの初デートが台無しになってしまいますよね。

遊園地や動物園に行く場合は、歩きやすいスニーカーまたはぺたんこ靴がおすすめですよ。

④相手の服装に合わせる

季節や場所だけではなく、相手に合わせて服装を変えることも良いですね。

もし相手がスーツのようなセットアップ姿で待ち合わせ場所に現れた場合。対する自分はTシャツにジーパンというラフすぎる服装だったら、周りから見ても「お似合い」とは言いづらいですよね。

相手の普段の服装がわかっているのであれば、それを意識したコーディネートを考えるようにしましょう。

⑤トレンドよりあなたらしさ

ファッションは流行り廃りが激しく、トレンドを抑えているとオシャレと思われがちですが、実は男性は女性のトレンドに興味はありません。

むしろ物によっては違和感や嫌悪感を覚えることもあります。

たとえば以前流行っていたビスチェやクリアバッグなどは、実は男性からブラだのプールバッグだの言われているという事実があります。(唖然…)

まったく、男の人はおしゃれが全然わかっていない!とはいえ、相手が感じることが全てです。

流行りに敏感なおしゃれさんではなく、自分がよく似合う服を理解しているおしゃれさんを目指しましょう!

これはNG!初デートに不向きな服装

これまでの好感ポイントとは反対に、これだけは避けておきたいポイントを6つ紹介します。

1.ボーイッシュ&辛口スタイル


ボーイッシュな服装が似合う女性はもちろんいますが、男性はどうしても女性らしさを求めてしまいがちです。

普段からボーイッシュな服装が多い人は、赤・ピンク系色の小物を足すなどして、張り切りすぎない程度で女性らしさを演出しましょう。

また、黒が多すぎるシックなスタイルも避けたいですね。

黒色は女性を美しく見せますしシンプルでかっこいいのですが、色彩心理学の観点から言うと厳粛で重たいイメージを持つ色なので、「俺のこと興味ないのかも…」と男性が委縮してしまう可能性があります。

初デートはできるだけ明るい色や甘めのアイテムをプラスしてあげると良いでしょう。

2.ブランド品ばかりを身に着ける

ブランド品ばかりを身に着けていると、お金や物に固執する女性だと思われてしまう可能性が。

男性からは「付き合ってからもお金がかかりそう…」と思わるかもしれません。

初デートは相手をよく知るための時間でもありますので、その日一日でどうゆう人間なのかを判断されてしまうことが大いに考えられます。

特に男性は第一印象のイメージを強く残します。最初に高嶺の花だと思われてしまうと近づいてもらえない可能性もあるので気をつけましょう。

3.露出が多すぎる

先に少し触れましたが露出の多い服装はNGです。

たとえばオフショルダーは一見セクシーで男性人気がありそうにも思えますが、実は要注意アイテム!

軽い女に見られてしまったり、ずれないか心配という声もあるようで、初デートの服装には不向きと言えます。

露出は控えめにしつつ、ふとした時に腕まくりをするなどして肌見せしましょう。

4.下着が透けてしまっている

白のTシャツやブラウスなど、中が透けてしまいそうな服には注意するのが鉄則。

下着が透けてしまうとデート中も気になって仕方がないでしょうし、周りの人に見られて恥ずかしい思いをするのは一緒にいる彼も同じです。

白服の場合は必ずインナーを着るなどして対策しましょう。

5.毛玉・ほつれ・汚れなどがある

せっかく可愛らしい服を着ても、しみや毛玉があったら一気に冷めてしまいます。

  • ボタンは取れていない?
  • 糸のほずれはない?
  • 汚れ(特に後ろ側)に汚れはない?
  • 値札は付けっぱなしになっていない?

このように着る前にチェックしておくと良いですね。

面倒ではありますが、チェックを怠ると、男性から「大雑把な性格」「掃除が苦手そう」という偏見を持たれてしまう可能性もあります。

普段から意識的に確認しておくと安心できますよ。

6.個性的すぎる

自分らしい服装を着ることは大事ですが、あまりにも個性に突っ走った服装は引かれてしまう可能性があります。

一緒に過ごす男性のことも考えて、TPOを意識した服装が求められるでしょう。

初デートにおすすめのコーディネート3選


具体的にどんな服装が良いのかを想像しやすいように、おすすめのコーディネートをアイテム別に3つ紹介します!

花柄ワンピース

出典元:ZOZOTOWN

男性から断トツ人気なのが「ワンピース」

中でも花柄ワンピースは、もはや王道です。これさえ着ていれば間違いないと言ってもいいくらいです。

ただし花柄は甘すぎてしまうことがあるので、たとえば花のモチーフが小さい小花柄を選んだり、色をネイビーなどのダーク系にして甘さをおさえるのがポイントです。

膝丈スカート

出典元:ZOZOTOWN

男性から絶妙な丈感と言われるのが「膝丈」です。

冬はタイツなどを履いても着れますし(おすすめは40デニール)、年中使えるアイテムなので一枚持っていると凄く便利だと思います。

形はふわっと感が出るフレアなものがおすすめ!

腰から広がりがあるほうが4つ目のくびである「くびれ」を強調することができて、女性らしい魅力を引き出すことができます。

シャツ・ブラウス

出典元:ZOZOTOWN

シャツはどんなものにも合わせやすい万能アイテムです。

清楚なイメージを出すには薄めの色がいいですし、甘めのアイテムを抑えるために利用したいのであれば、ダーク系のシャツを組み合わせるとメリハリをつけられます。

素材はとろみがあるものや透け感のあるものが良いですよ。

まとめ


初デートに気合を入れて普段とは全く違う恰好をしようと意気込んでいる女性は多いはず。

しかし慣れていない靴や服装は失敗を招きがちです。

「高すぎるヒールでこけてしまった…」

「新しい服を値札付けっぱなしで着ていた…」

せっかくの楽しい初デートを、服装で恥ずかしい思い出にしたくないですよね。

男性ウケが良いアイテムを取り入れつつも、自分らしい服装を意識してコーディネートすることをおすすめします。

また、服装だけではなく笑顔を忘れないことも大事です。

男性は”服装の次に表情を重視する”とされています。

可愛らしさをプラスした自分らしい服装で、喜怒哀楽を存分に表現しながら初デートを楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です