絶対失敗したくない【初デート】で会話が弾む12のネタと大事な4つのこと

Contents

初デートの予定ができた!

「初デート」って、いいですよね。

どんなカップルにも、たった一度だけ経験できる特別な日。付き合いたてのカップルにも、長年いっしょに暮らしている夫婦にも、二人だけの初デートの思い出があるのです。

とはいえ、本当に初デートの予定ができたら、緊張感と高揚感でそわそわしてしまうもの。気になるあの人と二人で会えるのは嬉しいけれど、「会話が続かなかったらどうしよう」なんて不安になることもあるはず。

初デートでの「会話」を攻略することは、また会いたいと思われるためにマストな試練です。職場の同僚、知人の紹介、マッチングアプリ、婚活パーティなど、出会いがどのような形であれ、初デートはめちゃくちゃ大切です。

相手に「一緒にいると楽しい」「この人とまた会いたい」と思ってもらえるように、会話を弾ませるネタをストックしておきましょう!

この記事では、初デートでの会話を成功させるために気を付けることや会話のネタを紹介していきます!

初デートの会話が弾まない理由

初デートの敵は、気まずい沈黙

話がひと段落ついたとき、新しい話題がなにも思い浮かばず沈黙のまま時間が過ぎた、なんて経験をしたことはありませんか?

初デートで会話が弾まない理由は4つあります。

緊張する

初めて会う相手で、すこしも緊張しない人はいないですよね。緊張するのはごく自然な事です。

相手が話しているときにも自分の頭はフル回転で思考しすぎて、会話の内容が頭に入ってこなかったり、不意な質問に対してとんちんかんなことを言ってしまったり。

そしてそれは、相手も同じです。お互いに緊張していて、お互い色々考えすぎていて、お互い色々気にしすぎているのです。

初デートで緊張しないようになりたかったら「場数を踏む」という練習が一番です。

異性からのデートの誘いに積極的に応じたり、普段からどんな人とでも会話を楽しんだりしていれば、初デートで緊張するということはなくなりますよ!

手探りの状態


「この話はしても平気かな?」「つまらないかな?」といったように、手探りの状態で会話が進んでいきます。失礼に当たらないかということばかり気になって、気を遣いすぎてしまうのです。

お互いのことをよくしらない他人同士が初めて会話をしているのですから、手探りになってしまうのも当然です。

手探りになることは、相手に好かれたいという気持ちの表れですから、悪いことではないです。でも、それで会話が滞ってしまっては本末転倒なので、さじ加減に気を付けてくださいね。

聞くより話したい心理

初デートとき、自分のことばかりベラベラと話しすぎてはいませんか?

人間は誰だって自分の話を聞いて欲しい生き物です。だからこそ、話をしっかりと聞いてくれる人には好感を持ちやすいんです。

デートで大切なことは、自分のことを話すことよりも相手の話を聞きだすこと。【自分が話す割合:相手が話す割合=2:8】を心がけましょう。

コミュニケーション力の高い人とは、聞き上手な人のことですよ♪

素敵に飾りたい心理

そりゃあ誰だって、初デートの相手に「この人は素敵だなぁ」って思われたいですよ!でも、その方向性を間違えないでください!

自分を磨いて、素敵に見せることは良い心がけですが、そんなに飾る必要はありません。

男性は「物知りだ」とか「男らしいな」なんて思われたくても、知ったかぶりをしたり背伸びをしすぎたりしないように。

女性は「可愛いな」とか「天然なんだな」なんて思われたくても、厚化粧をしたり猫をかぶりすぎたりしないように。

ちょっと頑張ってる(必死な)イタイ人だと思われてしまう可能性があります。それに、素敵な自分を演じていては上手くコミュニケーションをとることもできません。

飾らない自然体でいきましょう。

初デートで会話を弾ませるために大事な4つのこと

初デートで会話を弾ませるためのポイントは4点あります。【事前準備】【質問力】【会話をする姿勢】【褒めること】を抑えましょう。

大事なのは【事前準備】

デートは、当日だけ頑張れば良いという訳ではありません。

事前にできることは、相手の情報収集をして、気になった内容をメモに残しておくことです。

この事前準備は、絶対に当日の成功を導いてくれるはず!きっちりと初デートの予習をしてから挑みましょう。

情報収集


初デート相手の情報収集をしましょう。

それまでやりとりしたメッセージの内容を振り返ったり、マッチングアプリの自己紹介文を確認したり、相手のSNSをチェックしたりするなど、情報収集のやり方はいくつもあります。

そうすることで相手の好みや趣味、最近行った場所などを知ることができます。

例えば、趣味が映画なら「趣味が映画って書いてあったけど、最近どんな映画見た?」と質問したり、旅行の写真をSNSにアップしていたら「旅行に行ってたよね。どうだった?」と感想を聞いたりすることができます。

事前に情報収集をしておくことで、「そんなこと知ってくれていたんだ!」「ちゃんとプロフィール読んでくれているんだ!」と相手に思わせることができ、好印象につながります!

逆に、最低限の情報収集をしておかないと「それ自己紹介のところに書いてあるんだけど、それすらも読んでくれていないんだな」とマイナスなイメージを与えることになりかねません。

ただ、やりすぎるとストーカーやメンヘラだと警戒されてしまうので注意してくださいね。

質問内容メモ

初デート相手に質問したいことを、いくつかメモしておきましょう。

ひとつ前に説明した情報収集をしながら、会話が広がりそうだと思ったことを、携帯のメモに残しておくと役立ちます。

仮に、相手の趣味が『カフェ巡り』なら。
・いつからカフェ巡りをしているのか
・どこのカフェがおすすめか → 自分のオススメのカフェも共有する
・どんなコーヒーが好きか
・次のデートはカフェ巡りに誘う!
といったように、質問できそうなことや話をしたい内容について、言語化しておきましょう。

こうしておくことによって、会話を広げることができるのはもちろん、相手のことをよく知ることができます。

もし内容を忘れてしまっても、何か調べ物をするついでやお手洗いに立った際にメモを確認できるので安心ですね♪

ただし、初デートでの会話はコミュニケーションであってインタビューではないので、一問一答にならないよう気を付けましょう。

大事なのは【質問力】

次に説明するのは【質問力】です。

質問力は鍛えられるものなので、日ごろから人と会話をするときに意識してみてください!

とにかく質問

【質問する → 相手が答える → 答えの内容からまた質問する】という流れを繰り返して、話を膨らませます。

【答えの内容からまた質問する】という再質問が、力の見せ所です。

まず、質問内容メモに書いた質問や思い浮かんだ疑問を相手に尋ねるところからはじめます。具体例で説明しますね!

  • ~質問力のないNG例~
    あなた:「どんなコーヒーが好きなの?」
    あいて:「最近はブラックコーヒーが好きかな。」
    あなた:「そうなんだ。」
    あいて:「ちょっと苦いけどね。」
    あなた:「そうだね。どこのカフェがおすすめ?」

このNG例では、会話が一方的になってしまっています。

せっかく相手が話を広げる種を蒔いてくれているのですから、しっかりと会話を育てましょう。NG例を改善したのがこちら ↓

  • ~質問力のあるOK例~
    あなた:「どんなコーヒーが好きなの?」
    あいて:「最近はブラックコーヒーが好きかな。」
    あなた:「ブラックコーヒーが好きなんだ!最近ってことは、前は苦手だったりしたの?」
    あいて:「うん。最近やっとブラックの美味しさが分かるようになってきた。」
    あなた:「そうなんだ。私は砂糖2本くらい入れちゃうんだよね(笑)でも、ブラックも飲んでみたいな。おすすめのカフェ教えて!」

NG例とOK例の違いが分かりますか?

相手の応答の中にある「最近」・「ブラックコーヒーが好き」が会話の種です。これを育てたのがOK例。

「そうなんだ」「そうだね」という相槌はもちろん大切です。それにプラスして「ブラックコーヒーが好きなんだ!」と復唱したり、自分はブラックがまだ飲めないけれど飲んでみたいという想いを伝えたりしましょう。

話をするのは相手


話をするのは相手です。あなたは聞き役に回りましょう。

先ほど、話が弾まない原因のところで説明した通り、初デートでは「自分の話を聞いて欲しい」という心理が働きます。

だからこそ、ここはぐっと我慢して。要所要所で質問をしながら相手の話に耳を傾けましょう。

最初はぎくしゃくしていたり、相手があまり話をしない様子でも、あなたがきちんと聞き役に回って程よく質問を投げかけてあげたら、相手は気持ちよくなっていきます。相手が自分の話をペラペラと話し始めたら、あなたの勝ちです♪

自分に投げられた質問は、相手にも返す

受け取った質問は、相手にも投げ返してこそ、会話のキャッチボールです。

「あなたは?」と相手にも質問をして、会話をスムーズに進めていきましょう。

もし相手が聞き上手な人であった場合、きっと色々な質問をしてくれるでしょう。あなたが質問をしなくても、会話が楽しく進んでいきます。

でも、片方だけが話し続けていては、会話をしているとは言えません。相手にもちゃんと質問を返しましょう。

大事なのは【会話をする姿勢】


話を聞く姿勢も、初デートで会話を弾ませるために大事なことです。

視線やリアクションを大切にしましょう!

目を見て話を聞く

目を見て話を聞くなんて簡単だ、と思うかもしれませんが、意外とできていない人が多いんです。

人見知りだったり、シャイだったり、はたまた相手の人がタイプの顔だったりすると、目を見ることってなんだか恥ずかしいですよね。

でも、自分が話をしているのにどこか明後日の方向を見られると、「この話に興味がないんだな」と勘違いさせてしまう恐れがあります。

なので、相手の話を聞くときはきちんと相手の目をみて、適度なタイミングで相槌を打つように意識しましょう。

オーバーリアクションをする

初デートで話をするときは特に、相手の反応に敏感になります。

表情があまり変わらなかったり、返答がそっけなかったりすると、「この人話聞いているのかな?」と不快感を与えることになりかねません。

リアクションには「!(ビックリマーク)」を付ける気持ちで、オーバーリアクションを心がけましょう。

あなたのことを教えてくれてありがとう、という気持ちを持っていれば、自然と良いリアクションができますよ♪

話の腰を折らない

同じ趣味の話をしていたり、自分も興味のある話題だった場合、言いたいことが溢れますよね。相手が話し終わらないうちに、ついつい口をはさんでしまった経験は多くの人にあると思います。

でも、中途半端に言いたいことをつっこんで、相手の話の腰を折ってはダメです!

その後には絶対、気まずい「間」が生まれますし、最後まで話せなかったモヤモヤを与えてしまうかもしれません。

じっくりと話し終わるまで聞いた後で、自分の言いたい事や思った事を言うようにしましょう。

大事なのは【褒めること】

性別や年齢にかかわらず、褒められることは嬉しいことです。それだけでなく、警戒心を解くことにも一役買ってくれます。

褒めて、褒めて、褒めまくりましょう!

女性は細部を褒める

男性は女性の「細部」を褒めるようにしましょう。

髪型やアクセサリー、ネイル、リップなど、普段男性が注目することのない細かいところを褒められると、女性はより嬉しいと感じます。

ただ、女性は男性の嘘に敏感ですから、たいして良くも思っていないのにとりあえず褒めたり、褒めておけばいいだろうという考えを持っていたりするのは、すぐに見破られますよ。あくまで本音で褒めてあげましょう。

男性はおだてる

女性は男性を「褒める」よりも「おだてる」と男性を喜ばすことができます。なぜなら「褒める」というのは評価されているという側面がありますが、「おだてる」というのは、ただ相手の素敵なところを素敵と認めるアクションだからです。

男性の仕事や経験を褒める際には、「すごい」「他の人にはできない」「デキるね」とおだててあげましょう。きっと男性は優越感に浸ることができるはずです。

また、デートの際は男性もお洒落しているはずですから、腕時計や靴などファッションを褒めてあげてください!

初デートで避けるべき6つの質問


初デートでは、相手のことを隅から隅まで知りたいという気持ちから、色々聞いてしまいがちです。

でも、誰にだって聞かれたくないことのひとつやふたつ、ありますよね。

時間をかけて知っていくべき内容や、初デートには不向きな話題を6つ紹介するので、この話は避けるようにしてください。

初デートのNGネタ①過去の恋愛

初デート相手のことを気に入っていればいるほど、過去の恋愛の話が聞きたくなるかもしれませんが、ここは我慢です。

失恋したばっかりだったり、恋愛にトラウマがあったりと、まだ癒えていない傷がある人もいるでしょう。

それに、元恋人の話を聞いていて、いい気分になることはありません。過去のことであったとしても、見えない相手に嫉妬するという不毛な結果が待っています。

これから先二人の仲が深まっていけば、きっと知る日が来るのですから、初デートで過去の恋愛を探るのはやめておきましょう。

初デートのNGネタ➁家庭事情

家族や身内の話は、とてもデリケートな話題です。

ごく普通の家庭で育った人もいれば、裕福な環境でどんな我儘も許された人もいて、反対に色んな我慢をしながら生きてきた人もいるでしょう。

そのため、家庭の事情や両親の職業などについて、土足で踏み込んではいけません。お付き合いを真剣に続けていくなら、いずれは向き合うべきことですから、そのときまでとっておきましょう。

家族のことを知ろうとするよりも、まずは目の前にいる相手の「今」と向き合ってくださいね。

初デートのNGネタ➂自慢話

特に男性に注意していただきたいのがこちら、自慢話です。

「学年で一番頭が良かった」などどいう気取った自慢話や、「昔は警察のお世話になったり~」なんて過去の武勇伝に、女性はそれほど興味がありません。

一瞬の掴みや、笑えるオチがあればいいのですが、そうでないなら永遠とは語らないでください。自慢話を聞くのが好きな人はいません。

また、お嬢様育ちの女性やモテ自慢をする女性も、男性からドン引きされる危険性があるので気を付けてくださいね!

初デートのNGネタ④結婚観

婚活パーティや婚活アプリで出会っていたり、結婚を意識する年齢での出会いだと、どうしても重要視してしまうのが結婚観。

「何歳までに結婚したいと思っているのか」「結婚したら仕事はやめるのか」「子供は欲しいと思っているのか」など、確認したいことは山ほどありますよね。

年齢的にもう無駄な恋愛はできないという焦りがあるかもしれませんが、でも、初デートで結婚観を聞くのは早すぎです。

結婚というのは恋人という関係の先にあることですから、段階を追って確かめていってください。

初デートのNGネタ⑤下ネタ


下ネタは厳禁です。

下ネタで生きている男性も、実は下ネタ好きな女性も、初デートでは隠してください!同性同士で話をするトーンで、初対面の異性に下ネタを話すと引かれるリスクがあります。

男性が下ネタを口にした瞬間、女性の頬は引きつりはじめます。「この人はそういう目的なんだな」という軽い男のイメージにつながるでしょう。

逆に女性が下ネタを話すと、男性の性欲スイッチをONにしてしまいます。そうなると真剣な交際には発展しづらいので、むやみに下ネタを話すのはやめましょう。

初デートのNGネタ⑥お金

初デートでお金の話はタブーです。収入や貯金の話は避けてください。

下ネタを話された女性が「体目的!?」と警戒するのと同様に、お金の話をされた男性は「お金目的!?」と不快に感じるでしょう。

デートでは何かと支払いをする場面があるので、どうしてもお金の話題が気になってしまうかもしれません。でも、探りすぎると信用が落ちてしまいます。

もし、男性がお支払いしてくれるとしても、女性はお財布をきちんと出して払う意思を明示しましょう。奢ってもらって当たり前と思わないように。

初デートで成功する会話ネタ12選

次に、「このネタを話せば会話が弾むこと間違いなし!」な、初デートを成功させるための会話ネタを12個紹介していきます!

初デートの会話ネタ①食べ物

食べ物の話題は、絶対に失敗しない鉄板ネタですよね。

「どんな食べ物が好き?」と聞いてみましょう。もし相手が「焼肉が好き」と答えたなら、「じゃあ次は一緒に美味しいお肉を食べに行こう!」と、次のデートの口実に使うこともできます。

逆に、嫌いな食べ物も聞いておくことも、のちのち役立ちます。特に男性は、女性から嫌いな食べ物を聞かれると「もしかして手料理…?」なんて期待したりするみたいですよ♪

食べ物に限らず、好きなお酒の話をしてみてもいいですね。お互い飲むのが好きだったら、美味しいお酒をもとめた二軒目探しがはじまります。

初デートの会話ネタ➁ペット

ペットを飼っている人は、いますぐペットの写真を携帯に保存しておきましょう。

相手もペットを飼っていた場合、確実に盛り上がります。スマホで写真を見せ合ってペット話に花を咲かせましょう。

もし、相手がペットを飼っていなかったとしても、好きな動物の話や飼ってみたいペットの話をするといいですよ!

初デートの会話ネタ➂血液型

デートでも、合コンでも、定番なのが血液型ネタ

血液型の性格診断には特に信憑性がある訳ではありませんが、予想しあったり、相性診断をしたり、と結構楽しめます。

ただ、人によっては血液型の話を嫌う人もいるので、相手の様子を見ながらにしてください。

初デートの会話ネタ④仕事


まいにち頑張っている仕事の話は、聞いて欲しいもの。

「どんな仕事なんですか?」と、まずは当たり障りのない聞き方をしましょう。役職や給料の話はナシですよ。

もし仕事にコンプレックスを持っていそうだったり、愚痴が多そうだったら、はやめに話を変えた方が空気が悪くならずに済みます。

初デートの会話ネタ⑤好きなアーティストや曲

だれにだって好きな音楽は1曲くらいありますよね。好きな曲やアーティストを共有しましょう。

色々ありすぎて決められないなら、一緒にお互いの音楽フォルダを見せ合ったりしても楽しいですよ。相手の好きな曲を自分もダウンロードすれば、心の距離がぐっと縮まる気がします。

好きなアーティストが一緒だったり音楽の趣味が合う場合、一緒にフェスやライブに行けますね。歌うのが好きなら、カラオケデートも盛り上がるはず!

初デートの会話ネタ⑥休日の過ごし方

休日はどんな過ごし方をしているのでしょうか。この話題では、相手がどんなことに興味があって、どんな価値観を持っているのか知ることができます。

また、スポーツをしたり出かけたりしているアウトドア派なのか、料理を作ったりゴロゴロしたりしているインドア派なのかは、その後のアプローチも影響する大切な情報です。

もし自分とは違う休日の過ごし方だったとしたら、詳しく聞いていくうちに知らない世界を知ることができるはずです。

初デートの会話ネタ⑦好きな異性のタイプ

髪型、服装、性格、体型、身長など、好きなタイプを聞いてみましょう。

もし、相手のタイプが自分とはまったく重ならなかった場合「正反対じゃん!(笑)」とつっこんでみてください。ひょっとするとあなたに惹かれた理由や素敵なところを挙げてくれるかもしれません。

好きな異性のタイプは盛り上がるかもしれませんが、「元恋人はどんな人?」と過去の恋愛に触れることはしないように気をつけましょう。

初デートの会話ネタ⑧出身地・地元

出身地や地元が異なる場合、観光名所やその土地特有の食べ物の話ができます。

「どんな小学生だったんですか?」と尋ねてみれば、相手の幼少期や青春時代を知ることができて、距離感が縮まるはずです♪

出身地が同じであれば、地元あるあるを話して盛り上がっちゃいましょう!

初デートの会話ネタ⑨旅行

これまでに行ったことのある旅行先や、旅行のエピソードを話してみましょう。

海外旅行や国内旅行が好きな人だったら、旅行の話はかなり盛り上がります。「いつか一緒に旅行しよう」なんて、素敵な約束に繋がるかも…?♡

旅行の経験があまりない相手だったら、旅行するならどこにいってみたいかを聞いてみてください!

初デートの会話ネタ⑩趣味

お互いをよく知るきっかけになるのが、趣味の話です。話下手な人でも、趣味の話なら目をキラキラさせながら話してくれるはず!

相手の趣味がよく分からないことだったら「わからないから教えて」と素直に聞きましょう。きっと、興味を持ってもらえたことが嬉しくて丁寧に説明してくれますよ♪

「いつから趣味なの?」「どうしてそれにハマったの?」と、どんどん踏み込んで会話を広げていきましょう。

初デートの会話ネタ⑪今一番やってみたい事


今興味があることや、チャレンジしたいと思っていることを聞いてみるのも、面白いです。

答えによって、相手の価値観を覗くことができます。慎重派で安定志向なのか、それとも野心家で行動力があるのか、などが分かるはず。

なかなか初デートで思いつく話題ではないですが、だからこそ意気投合するきっかけになる可能性が高いです。価値観が似ていたら、いい関係の構築に繋がるかも…⁉

初デートの会話ネタ⑫第一印象

これは上級者レベルのネタです。デート終盤になったら、相手の第一印象の話をしましょう。

例えば「写真で見て素敵だって思っていたけれど、直接会ってみたらもっと素敵だった」「話しやすそうな人だなって思ったけど、こんなに話していて楽しいのははじめて」など。第一印象を褒めたうえで、さらに印象が良くなったというポジティブな事を伝えるのです。

食事がひと段落して、心地いい沈黙の中で視線が合ったときや、別れる直前に相手の顔を見つめたりして、こんな風に言うとロマンチックですね。

沈黙になったときの5つの対処法

もし、初デートで気まずい沈黙が続いてしまったら。

「何か話さないと」なんて焦ってしまったら最後、頭が真っ白になってさらに沈黙が息苦しくなります。

そんなときに大切なのは空気を変えること。換気しましょう!

次に行きたいところの話をする

このまま次に行きたいところの話でも、これから別の日に行きたい二回目のデートの話でもいいので、次に行きたいところの話をしましょう。

次に行きたいところが思い浮かばなければ、二人で検索してみるのもありですね。

もし、二回目の約束がその日のうちに決められたら、二人の関係は順調に進むはずです。「こんなところ行ってみたいね」程度でもいいので、2人で出かける話を持ち掛けてみましょう。

面白い画像や動画を見る

予め沈黙になったときのために、クスっと笑える画像や動画をストックしておくと便利です。

自分が撮影したものでなくていいので、Twitterの「いいね」に保存しておいたり、お気に入りのYoutuberを見つけておいたりするといいでしょう。

笑いを共有すれば緊張も和らぎますし、親近感の形成にもつながります。

目に入るものすべてを話題にする


身の回りには意外と、ネタに溢れています。目に入るものをどんどん話題にしましょう。

天気が良いなら「晴れてよかったですね」、目の前にハトがいるなら「ハトって着地した途端に首を振りますよね」、有名なカフェを見つけたら「あそこ一度行ってみたいんです」、お店を探しながら「この辺り初めて来たけど雰囲気良いですね」などなど。会ってからお店に行くまでに、いくらでも話題があります。

2人の世界に集中しすぎず、視野を広く持ちましょう。

トイレに行く

究極の沈黙対処法は、トイレに行くことです。思い切って席を立ってしまいましょう。

トイレに行けば頭がリフレッシュされるので、自然と話が浮かぶかもしれません。用意していた質問内容メモを確認してもいいでしょう。

このときに、相手も何か新しい話題を考えてくれているかもしれません。あまり長い間トイレで悩みすぎずに、席に戻って会話を楽しみましょう。

緊張していること正直に言う

「緊張していてうまく話せない」と、正直に伝えてしまいましょう!

完璧な自分を演じようとしすぎず、緊張しているという弱い面を見せることは、逆に好印象に受け取ってもらえます。「自分と話すのが退屈なんじゃなかったのか」と、誤解が解けることもあるかもしれません。

自分が緊張していることを伝えれば、大抵相手も緊張していると打ち明けてくれるので、お互い肩の荷を下ろして会話することができるはずです。

会話が弾みやすいデートスポット5選

最後に、初デートにおすすめなデートスポットを5つご紹介します!

映画館

映画デートは間違いありません。なんてったって、中学生から大人まで定番のデートスポットですからね♪

映画館特有の薄暗さと、ひそひそ声で話さないといけない空気感が、初デートのドキドキを増してくれます。

その後に食事に行けば、映画の感想で話が盛り上がるでしょう。

ラブロマンスやコメディはだれでも楽しみやすいのでおすすめです。もしお互い映画好きなら、アクションやミステリーにすると、映画終わりの感想が膨らんでいくと思います!

お笑いライブ

映画と似ていますが、お笑いライブも初デートにおすすめです!

笑うことはリラックス効果があるので、緊張をほぐしながら二人の距離感を縮めてくれるでしょう。

お互いの笑いのツボや素の笑顔も知ることができますし、ライブ後一緒に思い出し笑いをするのって、なんか素敵じゃないですか?( *´艸`)

スポーツ観戦


同じスポーツが好きな2人なら、スポーツ観戦がおすすめです!一味違った雰囲気のデートが楽しめるでしょう。

サッカー、野球、バスケットボールなど様々なスポーツがありますが、自分が好きなスポーツを好きな人と一緒に観戦出来たらきっと至高の時間になるはず。

チケットの手配や周辺スポットの確認など、相手を楽しませるための準備もきちんと行ってくださいね。

遊園地

遊園地では、非日常空間の力がはたらきます。とにかく、たのしい!

「次何乗る?」と乗りたいアトラクションを話し合ったり、「今のちょっと怖かったね」と感想を言ったり、会話が絶えることはありません。

ただし、遊園地は好き嫌いが分かれる場所なので、事前に相手が遊園地好きか確認しておくようにしましょう。

水族館

水族館では、生き物を見ながら気軽に会話ができます。

「可愛いね」「大きいね」なんて子供みたいな言葉を交わしているうちに、いつのまにか仲良くなれるでしょう。

薄暗い館内は水槽から差し込む光で幻想的な空間なので、お互い黙って見ているだけでもなんだかロマンチックです。口下手な二人におすすめですよ♪

さいごに

ここまで、初デートを成功させるために大切なことや会話ネタをご紹介しましたが、何よりも一番大切なことは「自然体でいること」です。

もしこれから二人の関係が恋人へと発展していくならば、飾りや偽りはいつか綻びを生むことになります。だから、自然体が一番です!

ありのままのあなたで、精いっぱい初デートを楽しんでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です