「気になる男性をご飯に誘いたい!」ご飯の誘い方7選

気になる彼のことがもっと知りたい!

そう思ったとき、おすすめなのが『食事デート』です。

食事デートにはメリットがたくさんあり、男女の仲を深めるのにとても適しているんですよ。

意中の人ともっと仲良くなりたいのであれば、思い切ってご飯に誘うべき!

ですが、女性から誘う場合はどうすればいいのか、誘い方が分からない人も少なくないですよね。

そこで「女性が男性にご飯に誘うときの誘い方」について、今記事で紹介していきたいと思います!

いつも誘われる側で自分から誘ったことがない女性や、恋愛経験が少なくてアプローチの仕方が全くわからない女性も

すぐに実践できるものなので、ぜひ参考にしてくださいね♪

食事デートがおすすめな理由

美味しいものを食べているときって幸せを感じますよね。

食べることは生きるうえで欠かせない行為であり、快楽を感じる行為でもあります。

食事の席では心を開きやすくなるなんて聞いたことはありませんか?

実はこれには理由があったんです。

『ランチョンテクニック』という心理効果

アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランによると、人は食事中に関わったものに対して「ポジティブな印象」を受けることが分かっています。

これはランチョンテクニックという心理効果。

食事で得られる快楽と同じように、一緒に食事をした相手に対しても好感を持つということです。

この心理効果は交渉の際にも使われることがあり、「食事をしながらの商談はうまくいく」とも言われています。

また2人席での食事は、物理的にも心理的にも距離を縮めることができるメリットがあります。

それほど親しくないけど大丈夫かな?と心配している人ほど、ご飯に誘ってみるのがおすすめですよ!

では具体的な誘い方を紹介しましょう。

ご飯の誘い方7選

これから紹介する7つの誘い方の中から、気になる男性がOKしやすそうなものを選んで実践してみてくださいね。

1:『この間はありがとう。お礼にごちそうさせて♡


お礼の代わりに食事に誘うスタンダードな方法です。

あくまでもお礼がメインであることを強調することで、男性もOKしやすくなります。

また律義誠実な女性をアピールすることもできますね。

2:『美味しいところ見つけたから一緒に行こう~!

グルメな男性に効果的なのが美味しいお店情報を提示する誘い方。

彼が行きたくなるような説明ができるように、充分なリサーチ力が必要です。

できれば既に行ったことがない場所を紹介したいので、最新のグルメ情報は逃さずキャッチしておくと良いでしょう。

また彼の好みに合わせるだけではなく、自分が行きたいところを紹介したい!という姿勢で誘うこともできます。

ただワガママだと思われないように、少し甘えをプラスするのがコツです。

3:『1人じゃ行きづらくて…一緒に行ってくれない?

男性は理由がない行動を嫌がります。

きちんとした理由をつけることで誘いを受けてもらいやすくしましょう。

「1人だと入りづらいから…」と頼み事をすれば、男性は頼られていると実感するため、快く引き受けてくれるはずです。

4:『〇〇好きでしょ!絶対美味しいから一緒に行こうよ!

男性の好みを知っている場合、興味を引いてご飯に誘うこともできます。

好きな食べ物を聞いたときの流れで、自然に誘うこともできますね。

ただこの場合、色々な美味しいお店を知っていなければならないのでグルメリサーチは欠かせません。

もし事前に彼の好きな食べ物がわかっていれば、いくつかおすすめのお店をピックアップしておくと良いでしょう。

5:『普段どんなとこ行くの?今度連れてってよ!

逆に無知なふりをして男性におすすめを紹介してもらう誘い方もあります。

グルメの話から相手が積極的にのってきたら、連れてってほしいことを告げて、具体的な日にちを決められるように誘導しましょう!

日頃から外食が多い男性は、土地ごとでおすすめのお店を知っている場合があります。行き慣れていない土地の情報を知りたいことを伝えておすすめを聞くのも良いですね。

6:『ご飯食べた?どっか食べに行かない?


あえて当日にご飯を誘うのもアリ。

予定を立てるのが苦手で面倒くさがりな男性におすすめの誘い方です。

予定が何もなければ好都合ですし、予定の前に少しだけ時間が空いていれば、時間を埋めるために付き合ってくれる可能性もあります。

仕事終わりのタイミングを狙うと良いですよ!

7:『2人きりで食事に行きたいなと思って。

ド直球にご飯の誘いをすることも効果的な場合があります。

「2人」というワードをつけることで、初めから相手に男女関係を意識させることができ、OKをもらえたら真剣な交際に発展しやすくなるでしょう。

ただし、相手との関係性や性格をしっかりと理解したうえで行うのが鉄則です。

お互いによく知らない状態で直球勝負をするよりも、ある程度の気持ちは見えているかな?くらいで誘う方が成功率は高いでしょう。

ご飯の誘い方で注意する4つのこと

より成功率をあげるために、ご飯の誘い方で気を付けたいことが4つだけあります。

  1. 約束の日は空けすぎない
  2. 食事マナーを心得ておく
  3. お店は事前にリサーチしておく
  4. 楽しみ!をアピールする

ひとつずつ説明していきますね。

➀約束の日は空けすぎない

先の日程は読めないですし変わりやすいですよね。

それなのに約束を遠い日にちに設定してしまうと、外せない仕事が入ってしまうなど、せっかくのご飯の約束が取り消されてしまう可能性が高くなってしまいます。

約束自体を忘れられてしまうことも考えられますので、なるべく近い日程を設定しましょう。

だいたい3日~1週間前くらいで、2週間を超えるのは避けたほうが無難です。

②食事マナーを心得ておく

どこに行くにも食事マナーには注意しておきたいもの。

肘をついて食べたり、くちゃくちゃ食べたり、食べ物を口に入れたまま喋ろうとしないように気を付けましょう。

またご飯デートでは、店員さんへの対応や他のお客さんへの配慮なども見られることになります。

食事中は無防備になりやすく、意識せずにいると悪い癖があらわれやすくなるので、常日頃からマナー向上に取り組むことをおすすめします。

③お店は事前にリサーチしておく

自分から誘っておすすめのお店に行くのであれば、お店のリサーチは欠かせません。

お店までのアクセス方法営業時間価格帯などは最低でも知っておくようにしましょう。

人気店の場合は予約をしておくと安心ですね。

男性が喫煙者であるかによっても席を選ぶ必要があるので、細かい配慮も大切です。

あくまでもこちら側の誘いに応じてもらっていることを忘れずに、お店の基本的情報には目を通しておきましょう。

④楽しみ!をアピールする


ご飯に誘ってOKをもらったときは、感謝とともに期待をしっかりと伝えるようにしましょう。

「ありがとう!楽しみにしてるね!」と一言添えるだけで、相手に良い印象を与えることができます。

さらに「あなたと行けて嬉しい!」という気持ちを素直に伝えられれば、相手も嫌な気はしないはずです。

感情は伝染するものですし、気持ちがあることをさりげなくアピールするためにも「楽しみ!」の一言を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

男性は女性からご飯に誘われるとまず、「これは脈ありか?」と考えるそうです。

女性に彼氏がいれば彼氏についての相談か何かだろうと判断できますが、そうでない場合は「もしかして俺のこと好きなのかも?」と一瞬考えるのだとか。

ご飯に誘うというだけで相手に好意を伝えられるのであれば、それはそれで女性にとっては好都合かもしれませんね。

男性は理由や目的がないと行動したがらないので、直球勝負以外は必ず理由をつけて誘うようにしましょう。

そして食事デート当日は身だしなみに注意して、2人の時間を楽しんでくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です