婚活パーティーでセレブ婚!年収1000万以上のリアルな暮らしとは?おすすめ婚活パーティーサイト3選

「お金持ちと結婚してセレブな生活を味わいたい!」

と思ったことはありませんか?

経済力は女性が結婚相手に求める重要な条件です。

年収400万以上、700万以上、1000万以上・・・

その数字は人それぞれでしょう。

でもせっかくなら年収1000万以上エグゼクティブ男性を狙いたいですよね。

エグゼクティブ(executive)
企業などの上級管理職。経営幹部。重役。転じて、高級。ぜいたく。

引用元:コトバンク

国税庁の平成28年民間給与実態統計調査によると、年収1000万以上の人は給与所得者全体の4.2%を占めています。

単純に年収500万以下が71.4%であることと比較しても、年収1000万以上の割合は圧倒的に少ないことがわかります。

ちなみに男性の平均年収は521万円。

一般男性のも稼いでいるという大きな経済力は魅力的ですよね。

そんな数少ないエグゼクティブ男性と出会うためには、年収1000万以上限定の婚活パーティーがおすすめです!

たとえば以下のようなメリットがあります。

・年収証明の提示が必須なため安心できる
・自分と接点のない人と交流できる
・一般的な婚活パーティーと変わらない

運命的に出会って結婚できれば一番良いのでしょうが、4.2%の男性と出会うことはなかなか難しいですよね。

年収1000万以上の婚活パーティーであれば、一度に多くの人と出会えますし、年収証明の提示が条件である場合がほとんどです。

後々虚偽の年収を伝えられていたなんてこともないので、安心してパーティーに参加することができます。

また普段接点がないような人と交流できる利点もあります。

「具体的にどんな男性が婚活パーティーに参加しているの?」

「本当に年収1000万以上の男性と結婚して幸せになれるの?」

以上のように、年収1000万以上限定の婚活パーティーで気になる点を、5つのセクションでまとめてみました。

それでは順に見ていきましょう♪

年収1000万以上!エグゼクティブ男性の特徴

婚活パーティーに参加する年収1000万以上の男性は重役を担う職種の人ばかりです。

たとえば以下の通りです。

・医師
・弁護士
・公認会計士
・企業経営者
・外資系企業
・マスコミ関係
・IT系企業
・パイロット

いずれも女性人気は必至!

高収入で経済力があれば、正直女性には困らなそうですよね。

ではなぜエグゼクティブ男性は、女性との出会いに敢えて「婚活パーティー」の場を選ぶのでしょうか?

理由は単純。日々多忙だから。

何もせずに収入を得ることができるのは、ごく一部の人間だけ。

年収1000万を稼ぐお金持ちでも、日々忙しく一所懸命に働いています。

そのほかにも婚活パーティーに参加する理由として、女性が少ない職場に勤務していたり、若い頃に仕事に熱中しすぎて女性との縁がなかったりという点もあげられます。

参加するパーティーにもよりますが、参加者の平均年齢は40~50代の中年男性も多いようです。

とはいえ、年収1000万以上の男性は世の成功者。

年齢問わず女性からの人気は高くあります。

そんな自負もあるせいか、金銭的に余裕があるエグゼクティブ男性はレベルの高い女性を狙う傾向にあります。

以下は年収1000万以上の男性が求める女性の特徴です。

・芯の強いタフな女性
・派手ではない控えめな女性
・自分磨きを怠らない女性
・知的で教養のある女性
・人生の価値を教えてくれる女性
・仕事を理解し支えてくれる女性

意外にも家庭的な面は重要視しておらず、見た目や心情が選定のポイントとなっています。

年収1000万以上の男性を狙うのならば、女性としての価値を高めながらタフに生き抜く力が必要ということですね。

では実際に婚活パーティーに参加する上での注意点についてもお話ししましょう。

年収1000万以上限定・婚活パーティーでの注意


婚活パーティーに参加するエグゼクティブ男性は、女性がお金目当てであることを認識しています。

ですが、あまりにもお金目当てであることがバレバレだと嫌がる男性もいます。

並外れた美人で非の打ち所がないような人であれば、そんな問題もチャラになるかもしれませんが滅多にいないはず。

ともなれば、やはり女性は自分からアピールすることが必要でしょう。

年収1000万以上の男性をゲットするためには、いかに「知的で・美しく・純粋」であるかが重要です。

婚活パーティーでは、お金だけが目当てだと思われないように会話態度に注意しましょう。

年収や仕事の話題はなるべく避けて、男性の人間的な部分に興味を持って会話を広げることがポイントです。

「年収1000万以上限定」おすすめ婚活パーティーサイト3選


婚活パーティーでは、エグゼクティブ男性限定のパーティーが数多く開催されています。

なかでもおすすめの婚活パーティーを運営しているのは以下の3つです。

1.プレミアムエリート

プレミアムステイタスが母体である「プレミアムエリート」は、その名の通り、エリート男性が多く参加しています。

会員資格は、男性が年収1000万以上女性が28歳以下の容姿端麗

男女ともに写真審査通過者のみが参加できる仕組みになっているので、参加者のレベルが高い特徴があります。

源泉徴収票納税証明書で年収確認を徹底しているので、安心して参加することができますよ!

さらに26歳未満の女性の場合は、初期費用3000円のみで月会費も成婚費もかかりません。

リーズナブルで効率良くエグゼクティブ男性を探したい人に、特におすすめの婚活パーティーです。

2.PARTY☆PARTY

ハイスペック男性に特化したイベントを多く開催してるのが「PARTY☆PARTY」。

年収500万以上~年収1000万以上まで、幅広いタイプの男性と出会うことができます。

個室ディナーを楽しめたり、スマホで相手のプロフィールをチェックしたり、自分の好きな種類のパーティーを選択できることも特徴のひとつです。

まずは雰囲気だけでも体感してみるといいかもしれませんよ。

3.エクシオ

エクシオ」が主催する「SUPER EXECUTIVE編」では、年収1000万以上の大卒を対象とした婚活パーティーを開催しています。

関東から九州まで多くの地域で開催されているので、地方にお住まいの人も気軽に参加することができます。

男性参加者は資格証明書・名刺・社員証明書のいずれかの提示が必須!

参加者全員が安心してパーティーを楽しめるように、しっかりと対策してくれる点は嬉しいポイントですよね。

年収1000万以上のリアルな暮らしとは?


セレブ結婚を夢見る女性なら一度は年収1000万以上の生活を想像したことがあるでしょう。

ですがあくまでも想像の範囲で、実際の生活がどういうものなのか不透明ではないでしょうか?

年収1000万以上のリアルな生活を覗くと、思いがけない事情が見えてきます。

たとえば、あなたは年収1000万がそのまま家庭の財布に入ってくると思ってはいませんか?

それは大間違い。

年収はあくまでも年収。

そこから税金や社会保険料を引かれると、手取り金額はで約750~800万円になります。

それでも充分に贅沢な暮らしはできるでしょう。

しかし収入があれば、その分出費が多くなることを忘れてはいけません。

高級車を購入すると、維持費や保険料にお金がかかります。

思い切って豪邸を購入すると、掃除や環境整備にもお金がかかるでしょう。

高収入の人はそれなりの生活を好むので、結局贅沢できない!と嘆く人も多いのです。

さらに言うと、男性が稼いでいるお金をそのまま家庭に入れるとは限りません!

浪費癖のある男性は、借金を抱えてでも欲しい物を手に入れようとします。

家庭を顧みずに自分の趣味や投資にお金をつぎ込んでしまう人は、高収入の人によく見られる特徴の一つです。

年収1000万以上の男性との結婚できたからといっても、必ずしもリッチな暮らしができるとは限らないことを、しっかりと理解しておく必要があります。

また住んでいる土地や家族構成によっても生活スタイルはかなり変わるので、結婚後の暮らしについて、事前に話し合いを重ねておくと良いでしょう。

共働きの方がお得?年収1000万以上家庭のお金事情

実は夫が年収1000万以上の家庭よりも、共働きで年収1000万以上の家庭の方がお得だということをご存知でしょうか?

前述したように、収入が多いほど所得税の税率は上がる仕組みになっています。

たとえば、夫婦で年収1000万の共働き世帯があるとしましょう。

二人で年収1000万なので、ここでは一人当たり年収500万とします。

一方、片働き世帯の収入は、妻が0円・夫が年収1000万です。

どちらも年収1000万世帯ですが、実は手取り金額が異なるのです。

以下の表をご覧ください。

共働き世帯 片働き世帯
年収500万 年収1000万
年収500万
夫婦 年収1000万 年収1000万
手取り金額 約800万~850万 約750~800万

このように共働きの方が、片働きよりも世帯年収は多くなります。

夫婦二人で協力すれば、少ない労力でも多額を得て生活することができるということですね。

もちろん自分だけのお金ではないので、どちらか一方が独占してお金を浪費する心配もないでしょう。

役割分担をして家計を支えることは、お互いにとって大きな助けになるはずです。

とはいえ、片働きで年収1000万以上の家庭も、共働きで年収1000万以上の家庭も、どちらにもメリット・デメリットはあります。

どちらが良いとは一概にはいえないので、自分のライフスタイルに合った生活を選択することをおすすめします。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

年収1000万以上限定の婚活パーティーは、普通の婚活パーティーとあまり変わりません。

ですが、女性の競争率は非常に高いです。

エグゼクティブ男性を狙うのなら、容姿や内面を磨いて、女性として癒しの存在になることが大切です。

「夫を支えて家事や育児に専念したい」

「自分も働いて家計を支えたい」

自分が将来何をやりたいかを優先に考えることで、目の前のやるべきことが見えてくるはず。

まずは年収1000万以上の暮らしを想像してみてくださいね。

そこにいる自分が想像できたら、年収1000万以上限定の婚活パーティーにて、理想の結婚相手を探してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です